本文へスキップ

川口眼科 埼玉県川口市飯塚2-2-14 

電話でのお問い合わせはTEL.048-252-6341

〒332-0023 埼玉県川口市飯塚2-2-14

○○町の○○○科クリニック。川口眼科

ようこそ、川口眼科ホームページへ。

川口眼科では、地域の人たちの目の健康を守るために
納得のいく医療を提供できるように、日々努力しております。

受診される方へ

 ・健康保険について
  受診の際は必ず健康保険証をお持ちください。
  保険証がない場合、自費診療になりますのでご注意下さい。

 ・当院は、
   厚生労働省認定の先進医療施設です。
 ・当院は、
   労災指定
生活保護法指定難病指定の医療機関です。
 ・当院には、
   身体障害者(視覚障害)診断指定医
   視覚障害者用補装具適合判定医師
  
が常駐しております。

 ・院内は完全禁煙です。

休診のお知らせ


 ・6月の臨時休診はありません。通常通り診療しております。


求人情報

 ・看護師・視能訓練士を募集します。
 ・20代~70代まで幅広い年齢層のスタッフが元気に活躍しています!
 ・眼科一般診療や周術期診療を通して共にスキルアップしていきましょう。
 資格 看護師・准看護師  視能訓練士
※新卒・中途問いません
 募集人数 定員に達しましたので、
現在募集はしておりません。
定員に達しましたので、
現在募集はしておりません。
 勤務形態 週1~2日(木・金曜日)
パート勤務
 週4~5日 パート勤務
 給与(時給)    
 待遇 ・交通費全額支給
・制服貸与
・勤務日、勤務時間相談可 

 【応募方法】
  面接をご希望の方はまずはお気軽にご連絡ください。
  下記へ履歴書(写真貼付)をご郵送いただくか、直接ご持参ください。
  書類選考の後、通過者のみ面接日をご連絡致します。
   [川口眼科]
    〒332-0023 埼玉県川口市飯塚2-2-14
    TEL 048-252-6341
    事務長 浅倉道子


平成31年2月 先進医療施設に認定

 当院は平成29年秋季に手術設備を完備しリニューアルオープンいたしました。
 白内障手術では日本で先進医療のひとつである「多焦点眼内レンズを使用した白内障手術」を多数手がけ、平成31年2月に厚生労働省より先進医療施設として認定されました

 本来先進医療は健康保険が使えないために患者様の自己負担が多額になりますが、先進医療施設で手術を行った場合は経済的負担を大幅に減らすことが可能です。
 先進医療「多焦点眼内レンズを使用した白内障手術」については、日帰り手術をご参照ください。

 これからも川口市のみなさまの声に耳を傾け、できる限り応えていけるよう日々努力して参りたいと思っております。





メガネフェスタ

 ・フレームやレンズを各種取り揃え、ご注文も可能です。
 ・フレームシミュレーターを導入しお顔に合わせたフレームもお試しいただけます。
 ・コンタクトレンズも多数扱っております。
 ・川口眼科に併設しておりますので、目のトラブルにもすぐに対応可能です。


  ご相談のみでも構いません。お気軽にお立ち寄り下さい。

                    メガネフェスタ



眼科専門医が教える老眼のウソ…あなたにピッタリのホントの対処法を大公開!!

「老眼のウソ」

 著者:平松類(二本松眼科病院)
 監修:蒲山順吉(川口眼科)


 

ドライアイ治療の常識が覆された…驚きの最新治療を
大公開‼

「本当は怖いドライアイ」

 著者:平松類(彩の国東大宮メディカルセンター眼科)
 監修:蒲山順吉(川口眼科)


 

眼科手術医たちが近代の白内障手術に一石を投じる‼

「その白内障手術、待った!
   ~受ける前に知っておくこと~」

 著者:平松類(彩の国東大宮メディカルセンター眼科)
 監修:宇多重員(二本松眼科病院)
    蒲山順吉(川口眼科)

 

現役の眼科専門医が本当に視力回復に効果のある方法を伝授!!

「目がよくなる!! 10の眼トレ」

 著者:蒲山順吉、平松類、菊地琢也
 出版社:ぴあ


 


埼玉新聞で紹介されました!

眼精疲労や老眼、ドライアイ、アレルギーなどの眼症状への対処法だけでなく、頭痛や更年期障害、認知症、うつ病にいたるまで、みなさんが悩むさまざまなカラダの異変を目から治すメカニズムを紹介。

世界中の眼科医が患者にすすめるにはワケがある!
お家でできることをわかりやすく解説します。
 

フジテレビ番組「バイキング」で紹介されました!
フジテレビ朝の人気情報番組「バイキング」に共著者の平松類医師が出演し、「眼トレ」の内容をわかりやすく紹介しました。実践されたゲストのキンタロー。さんの驚きの効果にスタジオがどよめきました。


平成28年1月8日放送





 産経新聞社発行の医療健康専門誌「健活手帖」に、地域に根差した医療を展開する「あなたの街の名医50人」として蒲山医師が掲載されました。
 今回取材してくださった長田昭二氏は、長年にわたって医療ジャーナリストとして目で見た生の医療現場や健康情報をメディアを通じわかりやすい言葉で発信し続けてこられ、いわば我々医療人と患者さんの橋渡しをしてこられた方です。今回お声がけいただき大変光栄でした。



NECのシーリングライトの新製品「GRAND QUALITY」の発売にあたり、照明の目に対する影響や効果的な使用法などについて蒲山順吉副院長がアドバイザーとして参加し、CM広告にも出演させていただきました。



最近は患者さんからもLED照明やブルーライト、紫外線などの目への影響に関して、診察のときに質問を受けることがとても多いです。私たちを取り巻く光環境もどんどん進化していますから、パソコン業務や目を使う仕事の方、子どもを持つご両親など皆さん一度は気にされたことはあるでしょう。
診察のとき、ご遠慮なく質問してみて下さいね。



   WEB版はここをクリック↓
   

川口眼科川口眼科

〒332-0023
埼玉県川口市飯塚2-2-14
TEL 048-252-6341
FAX 048-253-7237



蒲山順吉副院長の執筆本 最新刊
   「老眼のウソ」
     
   

 「本当は怖いドライアイ」
     
   

「その白内障手術、待った!
  ~受ける前に知っておくこと~」
    
   

「目が良くなる!!10の眼トレ」
___ ___
__ __



メガネ・コンタクトレンズのご相談は




病院・医院検索のマイクリニック

 

川口眼科ホームページ | 埼玉県川口市飯塚2-2-14