院長 蒲山 俊夫


略歴

 昭和51年3月  東京慈恵会医科大学卒業
 昭和57年4月  富士市立中央病院眼科医長
 昭和58年7月  国立相模原病院眼科医長
 昭和60年7月  東京労災病院眼科部長
 昭和60年7月  東京慈恵会医科大学講師
 平成元年1月   川口眼科院長
 現在に至る

資格
 医学博士
 日本眼科学会認定眼科専門医
 日本医師会認定産業医
 埼玉県眼科医会常任理事

ごあいさつ
 慈恵会医科大学関連病院での永年の医長経験を生かして、『病気を診ずして病人を診よ』の精神で、
川口市の地域医療に参加させて頂いてから20数年が経ちました。これからも初心を忘れず、川口市民の目の健康を守るため、スタッフと共に日々一生懸命努力してまいります。

副院長 蒲山 順吉


略歴
 平成18年3月  昭和大学医学部卒業
 平成21年4月  小沢眼科内科病院医員
 平成22年4月  昭和大学藤が丘病院眼科助教
 平成24年4月  三友堂病院眼科医長
 平成27年4月  昭和大学眼科兼任講師
 平成27年4月  川口眼科副院長

 現在、以下を兼任
  三友堂病院非常勤医師
  川口あおぞら眼科非常勤医師

資格
 医学博士
 日本眼科学会認定眼科専門医
 視覚障害者用補装具適合判定医
 緑内障トラベクトーム手術研究会認定トレーナー

ごあいさつ
 大学病院での先端医療、そして東北地方での眼科医長経験を活かし、川口市民のみなさまの目の健康への不安にひとつひとつ応えていきたいと思っております。私は、患者さんにご自分の病気のことをしっかり理解していただき、治療に一緒に参加してもらうことを診療のモットーとしています。子供からご高齢の方まで、誰からでも「質問しやすい医師」であり続けたいと思っています。

東北での診療実績
 医療過疎の進む山形県置賜地域の基幹病院での医長経験の中で、毎日来院される多くの患者さんを診察し、手術に明け暮れる日々を送りました。
 その中で、東北地方では初めてとなる緑内障最新治療を取り入れるなど、精力的に医療水準の向上にも努め、メディアや医学誌にも大きく取り上げて頂きました。

学校医

私たちは川口市内の小中学校の学校医を兼任し、地域の子供たちの目の健康を見守っています。

 ・上青木中学校
 ・飯仲小学校
 ・南中学校
 ・仲町中学校
 ・青木中央小学校
 ・領家中学校
 ・川口市立高等学校
 ・川口市立高等学校附属中学校




  川口眼科
  〒332-0023 埼玉県川口市飯塚2-2-14
  TEL 048-252-6341
  FAX 048-253-7237


  PCページ:http://kawaguchiganka.com/

診察受付時間


※土曜日午後の受付は13:30〜17:00
休診は水曜日・日曜日・祝日


求人情報

・看護師・視能訓練士を募集します。
・20代〜70代まで幅広い年齢層のスタッフが元気に活躍しています!
・眼科一般診療や周術期診療を通して共にスキルアップしていきましょう。
 資格 看護師・准看護師
※手術室経験あるかた優遇
 視能訓練士
※新卒・中途問いません
 募集人数 定員に達しました  定員に達しました
 勤務形態 週1〜2日(木・金)
 パート勤務
 週4〜5日 
 パート勤務
 給与(時給)    
 待遇 ・交通費全額支給
・制服貸与
・勤務日、勤務時間相談可 

【応募方法】
面接をご希望の方はまずはお気軽にご連絡ください。
下記へ履歴書(写真貼付)をご郵送いただくか、直接ご持参ください。書類選考の後、通過者のみ面接日をご連絡致します。

 [川口眼科]
  〒332-0023 埼玉県川口市飯塚2-2-14
  TEL 048-252-6341
  事務長 浅倉道子



蒲山順吉副院長の執筆最新刊!

眼科専門医が教える老眼のウソ…あなたにピッタリのホントの対処法を大公開!!

老眼のウソ
著者:平松類
監修:蒲山順吉
出版社:時事通信社


ドライアイ治療の常識が覆された…驚きの最新治療を大公開!!

本当は怖いドライアイ
著者:平松類
監修:蒲山順吉
出版社:時事通信社


眼科手術医たちが近代の白内障手術に一石を投じる!

その白内障手術、待った!
〜受ける前に知っておくこと〜
著者:平松類
監修:蒲山順吉
   宇多重員
出版社:時事通信社


   

現役の眼科医が本当に
目が良くなる方法を伝授!!


目が良くなる!!10の眼トレ
著者:蒲山順吉、他
出版社:ぴあ


   


  メガネ・コンタクトレンズのご相談は