本文へスキップ

川口眼科 埼玉県川口市飯塚2-2-14 

電話でのお問い合わせはTEL.048-252-6341

〒332-0023 埼玉県川口市飯塚2-2-14

診療案内medical info



クリックすると詳細情報へジャンプします。

各種日帰り手術について

コンタクトレンズ処方について
緑内障レーザー治療について

小児の近視進行抑制治療「マイオピン」について





土曜日午後の受付は13:30〜17:00です。
休診は水曜日・日曜日・祝日です。

臨時休診のお知らせは、トップページをご覧ください。

初診の方はご自宅で問診票に記入してきていただくと受付〜診療がスムーズになります。
  ↓↓↓

 B5(もしくはA4)用紙に印刷してご使用ください


◆当院には毎日、こんな症状の方が来られます。

  最近目がかすむ
  文字が読みにくい
  目が痛い、かゆい
  まぶたにできものができた
  肩がこる、頭が痛い
  眼鏡が合わない
  コンタクトレンズを作りたい
  涙が止まらない、メヤニが多い
  月が3個に見える
  光が走る、黒いものが飛んで見える
  ものがゆがんで見える
  健康診断・人間ドックで異常を指摘された
  子供の視力が下がった
  子供の目の位置がおかしい
  親が目の病気だけど、遺伝するの?
  テレビで目の病気を知った。自分は大丈夫?
  白内障手術をしたいけど、どこの病院がおすすめ?
   ・
   ・
   ・
 私たちは地域のかかりつけ医として、患者さん一人一人の目のお悩みに納得いくまで応えていくことをモットーとしています。
 そして、適確な診断わかりやすい病気の説明最適な治療方針の決定を常に心がけています。

 どんな小さな症状でも構いません。
 そこから大きな病気が見つかることだって多くあります。
 目に関するご相談はお気軽に当院へお越しください。





 川口眼科ではコンタクトレンズもお取り扱いしています。
 ただし、以下の方には処方をお断りしています。
  
  @処方箋のみ希望の方
  A他施設で発行された処方箋を持参された方
  B当院が指定する定期検査を受けられない方
  C医師や検査員の説明にご納得、ご同意が得られない方


 また未成年者の場合、初めての処方の際は必ず保護者の同席が必要になります。
 お試しレンズ(トライアルレンズ)がメーカーより提供されており、トライアルは無料です。
 診療・検査費用は別途必要ですのでご注意ください。





 現在、コンタクトレンズによる重篤な健康被害が多発しています。
 特に10〜20代の若年者で多く、感染症により重度の視力障害(失明)に至るケースも増えています。そのために運転免許や希望の職業を諦めなくてはいけなくなった患者さんは大変後悔されます。

 傾向を見ると多くはインターネットやコンタクトレンズ診療所で購入し、推奨される3カ月に一度の定期検査を受けていない方がほとんどなのです。

 コンタクトレンズは「医療器具」です。
 その中でも医師による管理の徹底を要する「高度管理医療機器」に厚生労働省が指定しています。
 「医療器具」は正しく使えば非常に便利なものですが、使い方を誤れば非常に怖いものだという自覚をもってほしいのです。
 未成年者の場合には親御さんにも一緒にレクチャーを聞いていただき、お子様の大切な目を一緒に見守ってほしいと思っています。



 初めてのコンタクト処方は完全予約制です。

 まず初診の際に医師から目の診察を受けた後、使用目的や頻度などの問診を受けていただきます。そして処方可能と判断した場合、予約をとります。
(当日予約枠にたまたま空きがあればそのままトライアル検査・講習ができる場合もあります。)

 予約当日は初回処方の場合、トライアル検査、使用方法の講習(ビデオ鑑賞および検査員と装用練習)、フィッティング確認(医師による診察)など含めおよそ1時間程度かかります。



 ハードコンタクト・ソフトコンタクトともに各種取り扱いがございます。
 カラーコンタクトも扱っております。
 医師と検査員が患者様に問診の上、最適と思うレンズを選択します。
 希望するレンズのメーカーや種類がありましたら検査員へお伝えください。
 ただし、当院で採用していないレンズは販売できませんのでご了承ください。

 詳しくは医師・検査員にご遠慮なくお尋ねください。




平成27年7月〜緑内障レーザー治療(SLT)を導入しました

【特長】
  ・組織を破壊しない新しいレーザー治療
  ・安全で優れた眼圧下降効果
  ・治療時間はわずか10分
  ・重篤な合併症がほとんどない
  ・レーザー照射による痛みはなし

蒲山医師のコメント

 緑内障治療は点眼治療がメインですが、眼圧のコントロールが難しく何本も目薬をさしている患者さんをよく目にします。SLTはレーザーを照射するだけでさらなる眼圧下降効果が期待でき、目薬の本数を減らしたり、手術時期を延長することも可能です。

緑内障は生涯つき合っていかなければならない病気です。
緑内障患者さんの治療による日常生活への負担を少しでも減らすことが病気と上手につき合っていく環境づくりになると私は考えています。
※蒲山順吉医師は、埼玉県内では2人目となる緑内障手術治療「トラベクトーム手術」のトレーナーを兼任し、全国の眼科医へ緑内障手術の指導を行っています。
 緑内障レーザー治療に関して詳細を知りたい方は、診察室にて遠慮なくご質問ください。




当院では、低濃度アトロピン(マイオピン)を一日1回就寝前に点眼することによって近視の進行を抑制する治療を行っております。

マイオピンとは、学童の近視の進行を抑制させることを目的にアトロピンを0.01%配合させた点眼薬です。2012年にシンガポール国立大学の臨床試験で、0.01%アトロピンの近視抑制効果が証明されました。
(Ophthalmology 2012;119(2):347-54)




ご興味のある方、治療を希望される方はいつでも医師にお申し出ください。
ご質問だけでも構いません。パンフレットをお持ち帰りいただけます。



1. 近視の進行を平均60〜70%抑制することができます。
2. 副作用が少ない近視抑制点眼薬です。
3. まぶしさに影響を及ぼしません。
4. 目の調節機能(手元を見る機能)に殆ど影響を与えません。
5. 毎日、就寝前に1滴点眼するだけの、非常に簡単な治療法です。 
6. 本製品はGMP(医薬品製造管理および品質管理基準)準拠の薬品会社
  により製造されています。


臨床データ
下図は子どもを対象にマイオピンの近視抑制効果を示す臨床データのグラフです。
横軸が「点眼開始からの期間」で縦軸が「近視進行度」です。近視は「-(マイナス)」の数値が大きくなるほど強いことを表します。

これを見るとマイオピン群はコントロール群に比べて、点眼を開始して6カ月目くらいから近視進行度に明らかな違い(効果)が出始め、2年目には半分以下に抑制されていることがわかります。
マイオピン点眼は開始したら2年以上の継続が推奨される理由はこのためです。






対象
・6歳〜12歳のお子さま
・軽度〜中等度の近視の方
・3か月ごとの定期的な通院が可能な方

費用
・薬代  3,000円/本(税別)
・検査代 2,000円/回(税別)

※マイオピンは両眼使用で1本あたり1か月間使用可能です。
※本治療は自費診療です。健康保険や子どもの医療費助成制度は適応されません。
※同様に、保険診療を行った同日に薬の販売はできません。


診療スケジュール






 
埼玉県済生会川口総合病院
 
川口あおぞら眼科
 
二本松眼科病院
 
彩の国東大宮メディカルセンター
 
帝京大学医学部付属病院
 
埼玉医科大学病院
 
昭和大学付属東病院



川口眼科川口眼科

〒332-0023
埼玉県川口市飯塚2-2-14
TEL 048-252-6341
FAX 048-253-7237



蒲山順吉副院長の執筆本 最新刊

「子どもの目を良くする親、
  悪くする親」
     

「老眼のウソ」
     

「本当は怖いドライアイ」
     

「その白内障手術、待った!
  〜受ける前に知っておくこと〜」
    

「目が良くなる!!10の眼トレ」
___ ___



メガネ・コンタクトレンズのご相談は